当サイトではコミュニケーション能力に関する様々な知識をお伝えしています。今回のテーマは「緊張をほぐす10の方法」です!

対人場面で緊張してしまう34歳男性の相談

はじめまして。私は34歳で2児の父親です。大手スーパーで店長として働いてきました。頑張った甲斐があり、春から各店舗のスーパーバイザーとして活動することになりました。しかし、元々私は人と話すとき緊張が強く、面と向かって話すだけで脂汗が出てしまいます。店長のときは、お客様より部下と接するときの方が緊張することもありました。昔よりも慣れてはきましたが、まだ緊張は強いと思います。人と接するとき、もう少し楽になりたいのですが、どうすれば良いのでしょうか。よろしくお願いします。



専門家の視点

相談者の方は人と接するとき、全般的に緊張してしまうのですね。年齢を重ねていくにつれ、立場も上がっていくので、ゆったりとコミュニケーションしたいと思うのは自然なことです。緊張してしまうと、焦りから普段の自分のパフォーマンスを残せず、自信が持てなくなることもありますよね。今回は緊張をテーマにコラムを書きますので、参考にして頂けると嬉しいです。



緊張とは敵から身を守る本能

・緊張とは何か?
まず緊張とは、どういった状態なのかを考えていきましょう。緊張は生物学的な必要性からきていると言われています。なぜ人は緊張してしまうのか?と言うことを探ると原始時代までさかのぼることになります。原始時代の人は、外部から敵が来たときに身を守る必要がありました。そのため、敵が現れると適度に興奮状態になる必要があったのです。危機を察すると肉体を活動的にするため、交感神経を働かせる興奮物質のアドレナリンやドーパミンを放出していました。こうすることで、からだの動きを良くして外敵との戦いに備えていたのです。



・適度な緊張はOK!
現代でも適度な緊張は仕事や試験、スポーツでメリットがあります。例えば、試験のとき完全に油断していたらいい結果が残せるでしょうか?集中力がなければ普段の実力は出せないでしょう。仕事やスポーツでも適度に緊張することで、普段の自分の力が出せるのです。



・緊張は「死んだフリ」のナゴリ?!
話を原始時代に戻しましょう。緊張は敵と戦うために大事なものでしたが、あまりに敵が巨大すぎるときは戦っても意味がありません。そのため、もはやお手上げ状態のときは「死んだフリ」が一番生存に有利だったのです。緊張があまりにも強いと頭が真っ白になることがあります。これは原始時代の「死んだフリ」の名残だといわれています。



・「死んだフリ」は現代に通用しない
しかし、緊張が行き過ぎた状態の「死んだフリ」は、現代では自分を助けるどころか、自分自身を危うくする結果を招くことさえあります。例えば、会社の大事なプレゼンの場面で、緊張によって頭が真っ白になると、本来伝えるべきことが伝えられず、会社に大きな損失をもたらすことがあります。スポーツの世界でも、大きな大会で緊張が強すぎると実力が発揮できず不本意な結果になることもあります。また、試験でも緊張によって頭が真っ白になると、本来合格すべき水準の大学や資格試験に落ちてしまうことすらあります。



・緊張のコントロールを目指す!
緊張は自分を助けることもあれば、自分自身を脅かすこともあるため、適度にコントロールする必要があるといえるでしょう。緊張に関しては、心理学の分野で様々な研究がなされてきました。そこで、当コラムでは緊張を取り巻く様々な改善方法を解説していきます。



こんな人におすすめ!
・緊張して人と接することが苦手
・人前に立つことが極度に怖い
・人と話すと緊張で脂汗が出てくる
・頭が真っ白になることがある


・・・という方は、ぜひ活かしてください。



次のコラム
「緊張のメカニズムはこれだ!」



参考サイト:「コミュニケーション能力知恵袋(緊張コラム)」